野菜の病害虫

枝豆(エダマメ)に発生する病気と害虫

2024年7月2日

枝豆(エダマメ)の病気と害虫

この記事でわかる事

  • 枝豆(エダマメ)に発生する病気
  • 枝豆(エダマメ)に発生する害虫

枝豆(エダマメ)に発生する病気

枝豆(エダマメ)に発生する害虫

ウリハムシ

ウリハムシ被害

主にウリ科の野菜に発生、体長7mm程度の黄褐色の甲虫で目視できるサイズです。

網目のように食害し、被害がひどくなると枯死することもあるので寄せ付けない予防がポイントです。

ウリハムシの対策を調べる

関連記事

ネキリムシ

ネキリムシ

若い幼虫は葉を食べ、老齢幼虫は地面の中で茎を切断して加害するので被害が大きくなりやすいです。

幼虫地面に倒れている株の姿から加害されたことがわかります。

ネキリムシの対策を調べる

関連記事

コナガ

コナガ

主にアブラナ科の野菜に発生、老齢幼虫でも体長1㎝程度の幼虫で青虫よりも小さいです。

食害された葉は不規則に穴が開き、葉脈のみ残して被害をうけます。

コナガの対策を調べる

関連記事

テントウムシダマシ

テントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)

ナス科ウリ科ジャガイモに多く発生し、成虫の体長は約6~9mmの見た目にツヤ(光沢)の無いテントウムシで益虫のテントウムシとは違います。

葉脈を残し、表面がさざなみ状や網目状、葉が透けるように食べ跡を残し、ひどいと茎や果肉の食害します。

テントウムシダマシの対策を調べる

関連記事

青虫(あおむし)

青虫

主にアブラナ科の野菜に発生、老齢幼虫でも体長3~4㎝程度長で目視できるサイズのモンシロチョウの幼虫です。

放置しておくと、茎のみ残して葉を食べ尽くします。葉の上に緑色の糞が無いかでチェックできます。

青虫(あおむし)の対策を調べる

関連記事

クロウリハムシ

クロウリハムシ

主にウリ科の野菜に発生、体長7mm程度の黄褐色の甲虫で目視できるサイズでハムシ類です。

網目のように食害し、被害がひどくなると枯死することもあるので寄せ付けない予防がポイントです。

クロウリハムシの対策を調べる

関連記事

ナメクジ

ナメクジ

葉菜類イチゴナス等に多く発生、体調3~4㎝程の軟体動物です。

新芽を食害、葉に穴をあけたりし、粘液の白っぽく光る筋や小さな糞が付着し見分けます。

ナメクジの対策を調べる

関連記事

コガネムシ

コガネムシの幼虫

幼虫は根を食べたり、イチゴサツマイモに被害が大きく、カブトムシの幼虫に似ていますが2~3㎝と少し小さいです。

成虫になると葉を葉脈だけ残して食べたりなど、マメ科でも被害が大きいです。

コガネムシの対策を調べる

関連記事

アザミウマ

ホウレンソウネギ類などに多いですが色々な野菜に発生、1~2㎜と小さいですがギリギリ目視できます。

茎に寄生する事はほぼなく、葉の内部の組織を吸って葉の色が抜けて銀白色になります。

アザミウマの対策を調べる

関連記事

カメムシ

カメムシ

ナス科マメ科ヒルガオ科など様々な野菜に発生、緑の他にも赤・黒など様々な種類がいます。

細い針で刺されてトマトの実がスポンジ状になったり、マメ類は身入りが悪くなる等被害が出ます。

カメムシの対策を調べる

関連記事

ハダニ

ハダニ

ナスに多いチャノホコリダニ以外に、イチゴ等に多い赤ダニと呼ばれるナミハダニの被害が多いです。

被害葉はカスリ状や白っぽくなり、次第に生育が衰え株が枯れたりします。

ハダニの対策を調べる

関連記事

ヨトウムシ

ヨトウムシ

様々な野菜に発生、3~4㎝の老齢幼虫になると昼は地中に潜み、夜に活動する幼虫のため「夜盗虫」と呼ばれてます。

被害の特徴は葉が食べられてほとんどなくなり、酷いと株が枯れてしまいます。

ヨトウムシの対策を調べる

関連記事

ハモグリバエ

モグリバエ

ナス科マメ科ウリ科キク科アブラナ科など様々な野菜に発生、2mm~3mm程の幼虫です。

「絵描き虫(エカキムシ」とも呼ばれ、葉に白い絵を書いたような状態になり、葉が光合成できなくなり、収量が低下します。

ハモグリバエの対策を調べる

関連記事

アブラムシ

アブラムシ

様々な野菜に発生、2~4㎜ほどで集団で目視可能で多く発生します。

成虫・幼虫ともに、葉や茎、果実から吸汁し、ウイルス病jを媒介したり、すす病を発生させたりします。

アブラムシの対策を調べる

関連記事

-野菜の病害虫