管理人のプロフィール

はじめまして、サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトを運営している管理人はこんな人です。

 

北海道札幌市で家庭菜園をやっています

北海道札幌市の戸建ての庭で家庭菜園をやっています。

沖縄のような暑い場所、関東や関西のような中間地、はたまた寒冷地の札幌でも野菜は育ちます。

ただ、それぞれの場所で植え付け時期や適した野菜、その地域でしか採れない品種など野菜作りは幅が広い事を家庭菜園を初めて知りました。

このサイトでは全国で育てられるように、各地域の温度を考慮して栽培スケジュールを紹介します。

北海道では育てられているけど他地域では珍しい野菜など紹介して、違いを感じてもらえればいいなと考えています。

 

約13坪で30種類の野菜を育てています

自宅の庭はそこまで広くはないですが、13坪の家庭菜園の敷地を作って約30種類の野菜を育てています。

混植して育てたり、プランターで育てたり色々試行錯誤しています。

30種類と聞くとすごく多く感じますが、家庭で育てる意味は食卓に並ぶ時の手助けになる事だと思っています。

料理のレパートリーが増えるように色々な種類の野菜を育てています。

あまり市場では売っていないような種類も色々チャレンジして野菜の面白みを皆さんに伝えたいです。

 

2019年からスタートした家庭菜園初心者です

家庭菜園は私も初心者で普通のサラリーマンです。

農業学校を卒業したわけでもありませんし、今のところ誰かに習ったりしたわけではありません。

本を読んだり、youtubeを見たり、ネットで調べたり基本的に独学です。

ただ、今後は通信でも良いですし何かスクール等で学ぶことも検討しています。

 

食育にも良い家庭菜園の良さを知ってほしい

家庭菜園は老後の趣味として一般に考えられますが、食育にも向いているのでお子さんがいる若い人にも是非楽しんでもらいたいです。

お子さんがいる家庭なら皆さんきっと子供には野菜を好きになって欲しいと思うのでは無いでしょうか。

野菜が嫌いな原因は色々あると思いますが

「本当においしい野菜」

「自分で育てた楽しい野菜」

こうゆう野菜は絶対嫌いにならないし、家庭菜園はそのきっかけづくりに最高です。

 

家庭菜園で育てた野菜は初心者が作ってもスーパーで並ぶ野菜より美味しいです。

きゅうりは驚くほどトゲがイボイボでみずみずしく、トマトだって驚くほど甘いトマトが出来ます。

これは「流通の過程で時間がたっている・効率が悪いので農家では育てていない品種がおいしかったりする」などの理由が挙げられます。

家庭菜園なら自分の好きな品種を育てられますし、スーパーに出回らない朝採れを楽しむことができます。

子供だって庭で育てた野菜なら絶対に嫌いにならないと思います。

 

ただ注意しないといけないのは、「トマトをそのまま庭で食べて幼児が窒息死した」等の悲しい事故もあるので

家庭菜園をする人が間違えない情報で、楽しく食育できる手助けにもなればと思っています。

 

初心者に向けたわかりやすい説明を心がけます

私自身も初心者なので一緒に家庭菜園をうまくなりたいなと思っています。

初めて本をとったときは、「畝」って何て読むの?「株間」って縦と横どっちのこと?追肥ってどうやってあげればいいの?

そんな初心者が絶対に混乱するポイントを経験しているので同じ目線で紹介できると思っています。

このサイトでは家庭菜園の初心者の人がつまづきやすいポイント・わかりにくい事をわかりやすく紹介します。

是非、このサイトをブックマークしてもらって家庭菜園の手助けになれたらいいなと思っています。