野菜の病害虫

灰色かび病の被害と予防・治療方法

灰色かび病の被害と対策

家庭菜園で出来る灰色かび病の簡単な対策と駆除の仕方を学びます。

この記事でわかる事

  • 灰色かび病が発生する原因
  • 灰色かび病の予防方法
  • 灰色かび病の治療方法

灰色かび病ポイント

茎や葉に発生した場合は放置すると灰色のかびで徐々にしおれます。
予防効果があるのが重曹スプレー!研究結果でも効果があり簡単に作れるのでおすすめ。
農薬での治療は発生初期なら有機JAS認定のカリグリーンが効果的。

灰色かび病の被害状況と発生する原因

発生する時期と気温

  • 気温:20度~25度位の低温
  • 時期:3月~12月頃

灰色かび病の症状と原因

  • 花びら・蕾(つぼみ)・葉などに薄い茶色になり灰色のカビが発生する
  • 葉が黒く変色して枯れたようになったりする
  • 過度な加湿で菌が繁殖する

灰色かび病は、カビが原因で発生する病気で、別名ボトリチス病とも呼ばれます。

カビは特に16度~20度の温度で活発になり、真夏の暑い時期ほど発生は少なく、春や秋の多湿な時期に多く見られます。

風や振動などによってカビが空気中を漂い、他の植物に感染を広げます。

病気が進行すると花が茶色に変色し、腐敗し、やがて灰色のカビで覆われます。

茎や葉に発生した場合、放置すると灰色のカビが葉先まで広がってしまい、植物がしおれます。

カビ菌は植物の葉の表面や裏面にある気孔から侵入し、症状を引き起こします。また、残留した菌は翌年まで越冬し、新たな発病を引き起こすこともあります。

風や振動によってカビは空気中を漂い、他の植物に感染を広げることがあります。

灰色かび病の被害が出る野菜

こんな野菜に灰色かび病は発生しやすいです。

灰色かび病の防除・予防対策

防除・予防の2パターン

  • 無農薬で出来る予防法
  • 農薬を使う予防法

【無農薬】防除・予防方法

無農薬で予防する

  • 水はけと泥はね対策(畝高にする・マルチをする)
  • 土づくり肥料成分)
  • 自作のスプレーをする

水はけと泥はね対策

マルチング
マルチシート
団粒構造
土に細菌がいる

雑草なども感染の原因になるので、枯れた枝や葉などをこまめに取り除き、清潔な畑を保つことが重要です。これによりカビ菌の拡散を防げます。

水やりの際も、株元に水を注ぎ過ぎず、土にいるカビが泥をはねるのを防ぐよう注意しましょう。また、敷き藁やビニールをマルチとして使用することも効果的です。

土づくり窒素成分を調整)

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 土壌酸度計 A
土壌酸度計
土づくり
土づくり

チッ素過多により軟弱に育った植物組織などから侵入することもあるので肥料の量も適正な量を守ります。

窒素分が適正な量含まれているマイガーデンベジフルは家庭菜園でおすすめの窒素成分が多くなく追肥でも使える肥料です。

灰色カビ病予防の重曹スプレー

灰色かび病予防のスプレー

  • トウガラシの酢漬けスプレー
  • 木酢液スプレー
  • 重曹スプレー
  • ストチュウ

身近な物で作る自然派スプレーは農薬では無いので定期的(1週間や2・3日単位)で散布を継続しないと効果が出ないので注意。

灰色カビ病に重曹のスプレーが効果的だという記事を見かけますが、実際に重曹による防除の研究結果があります。

重曹を散布することで野菜の免疫力が向上し、結果的に菌に侵されにくくなる効果がありますが、治療効果は期待できません。

重曹は農薬ではないため、発生初期に一定の効果がある可能性はありますが、予防には複合的な対策が重要です。

葉の裏表に均等に散布し、継続することが大切です。プランターで育てている場合はスプレーが十分ですが、地植えの場合は噴霧器の使用をおすすめします。

具体的なスプレーの作り方は下記ページにて紹介しています。

https://saienlabo.com/spray
あわせて読む

【農薬】防除・予防方法

農薬で予防する

  • STダコニール1000

農薬は、同じ病気や害虫に対しても、使用できる野菜の種類が決まっています。そのため、野菜ごとに使用する農薬を分ける必要があります。
農薬を購入・使用する前に適用作物を確認し、その作物に適した薬剤を選びましょう。農薬は劇薬であるため、子供の手の届かない場所に保管してください。

STダコニール1000は予防目的で効果があります。

灰色かび病の治療方法と発生後の対策

発生した場合の対処法

  • 土壌消毒(太陽光消毒)などで菌を殺す
  • 治療方法は農薬を使う

発生後の対策

発生後の対策

  • 太陽熱消毒で菌を殺す

太陽熱消毒の方法
太陽熱消毒の方法
太陽熱消毒の方法
太陽熱消毒後はそのまま植え付け

いったん発病すると、残念ながら治療方法はありません。発病した株は、株ごと引き抜き、畑の外に持ち出して焼却処分やゴミとして処分します。

畑の中で土にすき込むと、土に菌が残り、翌年に再発したり、他の野菜に広がる原因となるため、必ず外に持ち出します。

灰色かび病の菌は太陽熱の高温で死滅するため、「太陽熱消毒」は家庭でできる有効な方法です。ただし、土の温度が十分に上がる夏にしか行えないので注意が必要です。

https://saienlabo.com/soil-disinfection
あわせて読む

農薬を使った治療方法

治療に効く農薬

  • カリグリーン

農薬は、同じ病気や害虫に対しても、使用できる野菜の種類が決まっています。そのため、野菜ごとに使用する農薬を分ける必要があります。
農薬を購入・使用する前に適用作物を確認し、その作物に適した薬剤を選びましょう。農薬は劇薬であるため、子供の手の届かない場所に保管してください。

カリグリーンは有機JAS規格(オーガニック栽培)でも使用可能です。

同じものばかり使用していると耐性ができて効果がなくなるので数種類を交互に使用するようにしましょう。

-野菜の病害虫