野菜の土作り

もみ殻燻炭の特徴と効果

2024年7月6日

もみ殻くん炭の使い方

この記事でわかる事

  • 籾殻くん炭の効果とデメリット
  • 籾殻くん炭使用量と使い方
  • 籾殻くん炭の入手方法

ポイント

もみ殻を燃やして炭化したもみ殻燻炭は天然資材で土壌改良に役立ちます。
北海道など降雪地帯では融雪剤として使うと雪も解けて土もよくなり1石二鳥です。
雪が溶け始めたタイミングで雪が黒くなる感じに全体的に散布しましょう。

籾殻くん炭とは?

籾殻くん炭

籾殻くん炭とは、お米を精米する際に出る"白米を包む殻"である「もみがら」を400度以下の低温で焼いて炭化させたものです。

もみがらの状態でも非常に便利な資材で、「畑の土壌改良材として撒いたり、ニンニクなどの長期保存したい野菜を発泡スチロールに入れて保存する」など、様々な使い方ができます。

もみがらは米の産地である日本ならではの天然資材で、お米を作る際に大量に出るため余りがちであり、価格も安めです。

地域によっては無料で手に入ることもあり、家庭菜園におすすめの土壌改良材です。米作りで出る不要な部分が、野菜作りに役立つのは魅力的ですよね。

もみがらを炭化した「籾殻くん炭」は、もみがらとは異なる使い方ができるので、その使い方を紹介します。

籾殻くん炭を使う効果と3つのメリット

メリット

籾殻くん炭のメリット

  • 融雪剤として畑に撒ける
  • 土壌改良剤で使う
  • アブラムシ忌避

籾殻くん炭は特に雪の積る地域で非常に活躍します。畑の雪解けを早めて少しでも家庭菜園を早くやりたい人におすすめ!

低コストで土壌改良材としても非常に優秀3つのメリットを紹介します。

北海道など豪雪地帯で融雪剤として畑で使える

籾殻くん炭を融雪剤で使う
籾殻くん炭をまく前
籾殻くん炭を融雪剤で使う
籾殻くん炭をまいた後

雪が降る地域に住む人は、雪が溶けないと土づくりができません。

そこで、畑の土づくりや植え付けを少しでも早めたい人は、融雪剤の代わりに直接畑の雪の上から籾殻くん炭を撒きましょう。

籾殻くん炭の黒い色が太陽熱を吸収し、驚くほど雪解けに効果があります。しかも、雪が溶けた後にはそのまま土に混ざるため、土を耕すだけで土壌改良剤としても機能し、二重のメリットがあります。

注意点として、籾殻くん炭を撒いた後に再び雪が積もると効果が無くなるので、雪が降らなくなったタイミングを見計らうことが重要です。

1ヶ月早くなるわけではありませんが、体感で5日程度は早くなる印象です。早くなるだけでなく、土壌改良もできるので、撒かない理由はありませんね。

使用量については後ほど紹介します。

土壌改良:保水性と排水性のアップ

籾殻くん炭は土に混ぜることで土壌改良資材となり、籾殻自体が水を吸収するため、畑の保水効果が向上します。

水はけが良すぎてすぐに乾燥してしまう砂質の土の土壌改良に適しています。

一方、籾殻は土に混ぜると隙間ができるため、排水性を向上させる効果もあります。

粘土質で雨が降ると水たまりができてしまう土の改良にも役立ちます。

土壌改良:畑の微生物が増える

また、籾殻くん炭は畑に混ぜるだけで微生物が増えます。

籾殻は燃やして炭化することで表面に小さな穴ができ、微生物の住処になります。

住処があれば微生物が増え、病害虫の蔓延を防ぐ昆虫が生息しやすくなります。また、微生物の効果で土に入れた残渣などの分解も早まり、良い土作りができます。

アブラムシを寄せ付けない

アブラムシは籾殻くん炭の匂いを嫌うため、植えつけた後に株元に撒くことで、苗への被害が減るという人もいます。

ただし、うっすらと撒くだけではあまり効果がなく、『苗の植え付け後にマルチの隙間を埋める土寄せを籾殻くん炭にするくらいの量』を使うと、目に見える効果があるそうです。

植え付け後は、マルチの隙間から熱風が出て苗が痛むことがあるので、株元に土寄せをします。この土を籾殻くん炭にするという方法です。

籾殻くん炭のデメリットと注意点

デメリット

籾殻くん炭のデメリット

  • 軽いので風で飛ぶ
  • 衣服についたり近所迷惑の可能性
  • 撒きすぎは土がアルカリ性になる

籾殻くん炭のデメリットを紹介します。

軽いので風で飛ぶ

籾殻くん炭は風で飛んでしまう軽さ
周辺の雪に飛んで黒くなる雪の様子

籾殻自体は非常に軽く、持ったときにほとんど重さを感じないほどです。炭化しても重さは変わらないため、風で飛ばされやすいです。

スコップで撒いて地面につくまでの間に風に流され、撒いた後にも地面から飛ばされてしまうことがあるため、必ず無風の日に作業をしましょう。

その軽さは、BBQの後に残った灰のようなイメージです。本当に少しの風で飛ばされます。

対策としては、撒いた後にすぐに畑を耕して土と混ぜることや、雨が降った後の濡れた地面に撒くことです。そうすることで、撒いた後に飛びにくくなります。

衣服についたり近所迷惑になる可能性

籾殻くん炭は汚れる

籾殻くん炭は炭化しているため、炭に触れた時と同様に手が黒くなります。また、風で飛ぶと非常に近所迷惑になることがあります。

気をつけて撒いているつもりでも、住宅街の庭で使用する場合、風下にお隣の洗濯物などがあると飛んで付着する可能性が十分にあります。慎重になりすぎるくらい注意した方が良いです。

私の場合は、雪解けを早めるために撒きましたが、離れた場所にある撒いていない雪山が黒くなっていました。想像以上の飛距離です。

撒きすぎるとアルカリ性になる

籾殻くん炭はアルカリ性資材

籾殻はくん炭化するとアルカリ性になり、pH 8〜10のアルカリ性の土壌改良資材となります。

土壌の酸度調整に使う「苦土石灰」もpH 9.4前後なので、撒き過ぎると土壌がアルカリ性に傾きます。

アルカリ性に傾き過ぎると、元に戻すのはかなり大変なので、まずは使用量を守りましょう。

通常の使用量であれば土壌が大きくアルカリ性に傾く心配はほぼありませんが、大量に土壌改良の目的で使う場合は、酸度計を使い、土壌の酸度をきちんと測ることをおすすめします。

石灰の使用量を調整するなど、他のアルカリ資材とのバランスも考慮しましょう。

籾殻くん炭の使用量・使い方・成分

保水性保肥力排水性土壌改良効果

高い

低い

あり

あり

微生物活発効果肥料効果PH使い方

あり

なし

アルカリ性融雪剤
マルチング
株元で乾燥防止発芽率の向上

撒きすぎは注意、袋に書いてある使用方法を良く読みましょう。

使用量

単位グラム(g)リットル(L)
坪当たり約650〜1000g約7〜10L
㎡当たり約200〜300g約2〜3L
ざっくり目安土の1割~2割ほど

使用量は目安です。実測したところ10リットル=約1000gでした。

使い方

籾殻くん炭の使い方
籾殻くん炭は手が真っ黒になる

籾殻くん炭は、BBQの後にコンロに残った小さい炭のようなもので、触ると手が真っ黒になります。

『スコップやシャベルを使って袋からすくって撒く』、もしくは『袋を持ったまま直接撒く』のがよいです。化成肥料のように手で撒くのは困難です。

撒いた後は風で飛ぶので、すぐに土にスコップ等で混ぜるか、水を撒く等の対策をしましょう。

成分

 窒素 (N) リン酸(P) カリ(K)
1.34%
けい酸石灰炭素マンガン
51.55%0.14%30.82%0.10%
苦土酸化鉄PH
1.20%1.95%2.61ppm10.5
引用:川合肥料株式会社

肥料ではないので、作物を育てるためにメインで必要な三大成分はほぼ含まれていません。肥料を減らしたりする必要はありませんし、撒きすぎても窒素過多の心配はありません。

成分の大部分は「けい酸」であり、微量要素としてマンガン・鉄・銅も含まれています。

けい酸は病気や害虫に強くなる効果があり、微量要素は人間でいうビタミンのような効果があります。

これらの要素は肥料成分を効果的に吸収するために必要です。したがって、肥料と一緒に補う必要があり、それにより美味しい野菜が育つことに繋がります。

籾殻くん炭の作り方!燻炭器が必要

籾殻くん炭は自作できる

籾殻くん炭は自作することも可能ですが、農家では行う人もいます。

しかし、家庭菜園レベルや住宅街で考えている人は絶対に自作をやめた方が良いです。費用がそれほど高くないので、購入することをお勧めします。

その理由は、籾殻をくん炭化するには長時間じっくりと燃やす必要があり、それには多くの手間がかかります。

また、燃焼中の煙もかなりのものです。普通に庭で行うと、近隣から火災と誤解されて通報されるほどの煙が出ることがあります。

自作する場合、ステンレス製のくん炭機が販売されており、それを使用して山積みにしたもみ殻を燃やします。

殻の量によっては、半日から2日かかることもあり、出来上がった籾殻くん炭は湿ったままビニール袋に保管する必要があります。誤って紙袋に入れると、完全に消えていない場合に引火して火災の原因となることがあります。

このような理由から、火災で家を失うリスクを避けるため、ホームセンターや通販で購入することをお勧めします。

籾殻くん炭の入手方法・値段・販売場所

籾殻くん炭の入手方法と販売場所

ホームセンターでは、50リットル(5〜7坪分)入りの大袋や2リットルの小袋タイプも販売されていますが、100円ショップでは見たことがありません。

大袋に入っている50リットルでも、500円前後なので、肥料などと比較しても手頃で使いやすいです。

さらに大量の購入を希望する場合は、ネット通販やメルカリ、ジモティーなどで個人が販売していることもあります。

雪国に住んでいる方で、畑の雪を少しでも早く溶かしたいと考えている方には、一石二鳥でさらにおすすめです。

-野菜の土作り