支柱の立て方・結び方などの方法

合掌造り

家庭菜園初心者は苗を植えた後、支柱をするタイミングや種類に迷いますよね。支柱について詳しく説明していきます。

 

支柱同士の結び方

支柱どうしを固定するときはしっかりと固定しないと、野菜が成長したとき重くなり傾きます。

交差させた支柱に2周ほどクロスして、最後にギュッとやることが大切。

苗を支柱に固定するときは8の字で柔らかく巻きますが、逆にしっかりと固定します。

紐はビニール紐でもいいですが最後はゴミになります。

そのまま外して土にすきこんでも分解されて大丈夫な「麻ひも」がおすすめ!

 

支柱の組み立てにはクロスバンドがおすすめ!

支柱の組み立てに便利なのがクロスバンドです。

支柱のサイズ毎に使うサイズが違うので、気を付ける必要があります。

何年も家庭菜園をしていると野菜の品種や数も決まってきますので、毎年同じ作業をする場合に効率よく支柱を立てられます。

 

支柱が刺さらないのは指す方向が違う?

支柱は地面に差す側が決まっています。

先が尖っている方向が地面に差すほうです。

刺さりにくいなと思った人は確認してみてください。

 

野菜毎の支柱のサイズと長さ

支柱が必要な野菜は果菜類で葉物野菜などは必要ありません。

支柱は太くなればなるほど強度が増すメリットがあり、細すぎると実が成ったときに重さに耐えきれず倒れる事も。

30センチ分は地面に埋めることになるので、その分長さを考慮する必要があります。

育てる野菜に合わせて選ばないと、成長すると支柱の高さが足りなくなり、収穫する量が減る・管理しにくいなどにつながります。

主な野菜ごとの支柱のサイズの目安は以下の通りです。

支柱は一般的に長さ(0.9~2.4m)、太さ(8mm~24mm)位まであります。

野菜の種類長さ(m)外径【太さ】(mm)
トマト1.8以上16以上
ミニトマト1.8以上16以上
きゅうり1.8以上16以上
なす1.2以上11以上
ピーマン1.2以上8以上
ズッキーニ1.2以上11以上
ゴーヤ1.2以上8以上
メロン1.8以上16以上
インゲンなど豆類1.8以上11以上

※きゅうり、ゴーヤ、豆類は支柱とは別にネットが必要になります。

 

いぼ竹など支柱の種類

支柱の種類毎の特徴は以下の通りです。

  • 園芸支柱(いぼ竹)・・・ビニールと金属で出来ていて価格が少し高いが、イボがある事で紐を誘引しやすい、捨てる時大変
  • 園芸支柱(いぼなし)・・・いぼありよりも価格が少し安い(100円ショップにもある)、捨てる時大変
  • 天然竹・・・割れたり最終的には腐るなどがあるが、細かく切ると可燃ごみで捨てられる

園芸支柱(いぼあり)

 

天然竹

 

女性にとって支柱立ては、意外と力が必要な作業なのでこれがおすすめです。

力が弱い方でも簡単に支柱を立てられますよ。

使い方にもよりますが5年位はいぼ竹も使えます。初心者はビニールのいぼ竹がおすすめ。ベランダ菜園などマンションでは、数年後のゴミについても考えると天然竹がおすすめです。

直立式|支柱の組み方・立て方

適している野菜:1条に植えたトマト・きゅうり・ゴーヤなど

合掌式よりもスペースも必要なく家庭菜園でも使いやすい方法

 

【支柱の組み立て方】

step
1
苗の株1つに対し1本の支柱を苗の近くに30センチほど地面に垂直に差し込む

step
2
横方向に支柱を1本渡し、垂直に立てた支柱と交差する箇所を紐で固定

step
3
3苗位の少ない数や面積であれば、斜めにクロスさせるように1本補強する

step
4
ステップ3より多くなる場合は、更に補強するため両端に支柱を2本斜めに挿し紐で固定

 

意外とキュウリやトマトは成長すると全体では重くなるので斜めに支柱を入れるのがおすすめ

 

合掌式|支柱の組み方・立て方

適している野菜:2条に植えたトマト・キュウリ・ゴーヤ・豆類など

しっかりと支えられるので全体的に重さがあっても安定します。

 

【支柱の組み立て方】

step
1
支柱を苗の両側に1本ずつ斜め60度に挿す

step
2
交差した支柱を紐で結ぶ

step
3
横方向に支柱を1本渡し、クロスした支柱と交差する箇所を紐で固定

step
4
ネットを張る面に2本追加で支柱をクロスさせるとより強くなる

 

株数が多い場合や果実が重くなる大玉トマトなどにおすすめ!

 

ピラミッド式|支柱の組み方と立て方

適している野菜:合掌式を組むほどではない株数の少ないトマト・きゅうりなど

苗1株に対し3本の支柱を三角錐のように立てる方法

 

【支柱の組み立て方】

step
1
3本の同じ長さの支柱をバランスよく立てピラミッド型にする

step
2
上部を紐で結んで固定

 

家庭菜園で一株しか育てない場合やプランター栽培でもおすすめ!

 

3本仕立て|支柱の組み方と立て方

適している野菜:なす・ピーマンなど

主枝と伸ばす側枝(そくし)2本を選び、3本に仕立てる方法。

 

【支柱の組み立て方】

step
1
真ん中の主軸に1本垂直に立てて紐で茎を誘引する

step
2
垂直に立てた1本に対し、Xになるように伸ばす側枝にそって支柱を斜めに差し紐で茎に誘引

 

支柱が短めのため安定するので、斜めにクロスした支柱同士は紐で結ぶ必要はないよ!

 

V字型|支柱の組み方と立て方

適している野菜:なす・ピーマン・ズッキーニなど

誘引の仕方に少しコツがいりますので栽培に慣れてからがおすすめ。

 

【支柱の組み立て方】

step
1
一株について2本の支柱をVの字になるように斜め45度に差す

step
2
支柱同士を紐で縦方向に結ぶ

step
3
ナスなどは紐などで育てる茎をステップ2で結んだ紐に誘引する

step
4
茄子の成長に応じてステップ2の紐を増やしていく

 

3本仕立てとの違いは紐で茎を引っ張るかどうか。スペースができる事により実が傷つきにくいメリットも

 

プランターでの支柱の立て方

適している野菜:ミニトマト・きゅうり・なす・ピーマン・インゲン豆など

 

路地栽培する際に支柱やネットが必要な野菜はプランターで育てる場合も同じように必要になります。

ただし、プランターでは畑ほどのスペースはないのでやり方に少し工夫が必要です。

プランター栽培をベランダで行う人は、以下の記事を参考にしてください。

生ごみ堆肥の作り方
生ごみ堆肥の作り方

家庭菜園で野菜を育てる時に必要な堆肥。 生ごみ堆肥は肥料成分も多く含んでいる事が多いのでそのまま堆肥&元肥として使うことができます。 家庭で出る生ごみを使って簡単に堆肥ができるのでその方法を紹介します ...

続きを見る

 

2020年12月11日