野菜の病害虫

つる枯れ病の被害と予防・治療方法

つる枯れ病の被害と対策

家庭菜園で出来るつる枯れ病の簡単な対策と駆除の仕方を学びます。

この記事でわかる事

  • つる枯れ病が発生する原因
  • つる枯れ病の予防方法
  • つる枯れ病の治療方法

ポイント

ウリ科に多く発生、症状が進行すると株全体が枯れてしまい、早期発見であれば治療も可能です。
予防ではベンレートやダニコールがおすすめ。
発生後の治療はトップジンペーストとベンレートが効果的。

つる枯れ病の被害状況と発生する原因

つる枯れ病のスイカ
つる枯れ病のスイカの葉
つる枯れ病のスイカ
つる枯れ病のスイカの茎
つる枯れ病のスイカ
つる枯れ病のスイカ

発生する時期と気温

  • 気温:20度~24度
  • 時期:4月~10月頃

つる枯れ病の症状と原因

  • 地面から近い所の茎が灰色から黄色になる
  • 病気が進むと病気の箇所が柔らかくなり黄色いヤニが出る
  • 更に進むと黒い点々が病気の箇所に出来て萎れて枯れる
  • 土の中にいるカビ菌が原因土の中にいる細菌が原因

茎に発生しますが、葉や実にも発生します。

葉の場合は、葉の縁から扇状の病気が発生して病気の箇所の周辺に黒い点々が出来てやがて枯れます。実の場合は先端か細くなり内部が腐り周辺に黒い点々ができます。

被害当初は、日中は葉がしおれるものの夕方には回復するため、水不足と勘違いしますが、数日後には褐変して枯死してしまいます。

つる枯病に感染したスイカの果実が部分的に腐敗している場合、その部分を取り除けば食べられることもあります。ただし、果実全体が腐敗している場合や、異臭がする場合は食べないほうが安全です。

つる枯れ病の原因はカビ菌です。

カビ菌が葉の裏表にある気孔から侵入し症状が発生し、残渣をすき込んだ時に残っている菌が翌年まで越冬することで発症することもあります。

風や振動によってカビが空気中を漂い、他の植物に感染が拡大します。

つる枯れ病の被害が出る野菜

こんな野菜につる枯れ病は発生しやすいです。

根菜類

つる枯れ病の防除・予防対策

防除・予防の2パターン

  • 無農薬で出来る予防法
  • 農薬を使う予防法

【無農薬】防除・予防方法

無農薬で予防する

  • 水はけと泥はね対策(畝高にする・マルチをする)
  • 株元が乾燥するようにする
  • 生育初期に窒素肥料を与えすぎない
  • つる枯れ病に耐性がある品種を選ぶ
  • ウリ科の連作を避けるようにする(輪作)

水はけと泥はね対策

マルチング
マルチシート
団粒構造
土に細菌がいる

大雨などで水はねした土に細菌が含まれていることがあります。これらの細菌は、作物の傷などから侵入して発病することもあります。したがって、頭上から水をやるのではなく、株元に水を与えましょう。

水はねを防ぐためには、マルチシートの使用が効果的です。

一方で、株元の茎が過湿の状態だと発生が助長されるので摘葉などを行い、株元が乾燥する状態を心がけます。

土づくり肥料成分)

肥料が少ない時に発生しやすいので、適正な肥料を与えるように心がけます。

マイガーデンベジフルは、窒素成分が多くないため、家庭菜園でおすすめの追肥としても使える肥料です。

ウリ科の連作をしない(輪作)と品種を選ぶ

地這いきゅうりで発生がしやすいので支柱を立てるタイプのキュウリを栽培する事も防除にオススメ。

キュウリ・スイカなどウリ科で発生するので連作を避け、輪作を心がけます。

発生した野菜を治す事は出来ませんが、病気は異なる野菜では発生しないこともあるため、同じ野菜を同じ場所で栽培しないように連作障害対策を行いましょう。

【農薬】防除・予防方法

農薬で予防する

  • ベンレート水和剤
  • ダニコール1000

農薬は、同じ病気や害虫に対しても、使用できる野菜の種類が決まっています。そのため、野菜ごとに使用する農薬を分ける必要があります。
農薬を購入・使用する前に適用作物を確認し、その作物に適した薬剤を選びましょう。農薬は劇薬であるため、子供の手の届かない場所に保管してください。

予防農薬としてベンレート水和剤やダニコール1000がおすすめです。

つる枯れ病の治療方法と発生後の対策

発生した場合の対処法

  • 治療方法は農薬を使う

農薬を使った治療方法

治療に効く農薬

  • トップジンMペースト

農薬は、同じ病気や害虫に対しても、使用できる野菜の種類が決まっています。そのため、野菜ごとに使用する農薬を分ける必要があります。
農薬を購入・使用する前に適用作物を確認し、その作物に適した薬剤を選びましょう。農薬は劇薬であるため、子供の手の届かない場所に保管してください。

つる枯れ病の治療におすすめの農薬を紹介します。

発病初期であれば治療できる場合もあります。

病斑部にトップジンMペーストを塗布します。葉や茎には「ベンレート水和剤」を散布します。

この記事の画像はsuika(@Suika95961015)さんからご提供いただきました。
ご協力ありがとうございます。

-野菜の病害虫