【黒腐れ病(くろぐされびょう)】対策・防除・予防法・治療法・おすすめ農薬

困る

あなたは家庭菜園をしていて黒腐れ病に困ったことありませんか?

黒腐れ病は家庭菜園で色々な野菜に発生するので黒腐れ病の被害や対策についてを学びます。

ここで学べる事

  • 黒腐れ病の対策方法
  • 黒腐れ病が発生する原因
  • 黒腐れ病におすすめの農薬
黒腐れ病は対処方法を覚えてうまく対処をしよう!

 

黒腐れ病の症状

画像準備中

画像準備中

気温と時期

気温:15~30度

時期:5月~10月頃

初夏、初秋に多く発生し、雨が多いと発生しやすいです。

 

黒腐れ病にかかるとこんな症状が発生します。

黒腐れ病の症状

  • 葉の縁から不整形~V字型に病斑が広がり黒く変色する
  • 花房に発生すると黒く変色する

細菌による病気であるが、軟腐病とは異なります。

悪臭は生じず、株が死ぬという事は無く名前のイメージより症状は軽いです。

キャベツでは茎の裏側(キャベツのひっくり返した真ん中)に黒い点ができたり、葉が変色したりします。

該当部位を取り除けば他の綺麗な場所は食べられるのでは葉をむきましょう。

ブロッコリーは花房を食べる野菜ですが、花房が黒く変色するので変色した場所は食べるのは控えた方が良いです。

 

黒腐れ病はキャベツなどアブラナ科に対策が必要?

被害こんな野菜に黒腐れ病は発生しやすいです。

葉菜類

キャベツ ハクサイ チンゲンサイ

果菜類

ブロッコリー 

根菜類

ダイコン カブ

 

家庭菜園で黒腐れ病の発生原因

原因黒腐れ病が発生する原因はこんな事が考えられます。

黒腐れ病発生の原因

  • 土の中にいる細菌が原因

黒腐れ病の原因は細菌で、土の中にいる菌が野菜の葉や茎などから侵入することで発病。

雨での跳ね返りで発生しやすいので水の管理も重要な防除のポイント。

 

黒腐れ病の対策・防除・予防法

肥料を与える黒腐れ病を発生させないようにする方法を紹介します。

黒腐れ病の対策

  • 畝高にして排水をよくしマルチをする
  • 肥料切れを起こさないようにする
  • アブラナ科の連作を避け輪作をする
  • 害虫の対策を行う
  • 抵抗性品種の利用

大雨などで水はねした土に細菌がいて、作物の傷などから侵入し発病することもあるので頭上から水やりをするのではなく株元に水を与えます。

水はねを防ぐためにもマルチシート使用することは効果があります。

 

肥料切れを起こすと発生しやすいので肥料管理をしっかりと行います。

マイガーデンベジフルは窒素成分が多くない家庭菜園でおすすめの追肥でも使える肥料です。

 

アブラナ科の野菜に発生しますが、連作する事で発生しやすくなるのでイネ科やマメ科などと輪作を心がけます。

連作障害への対策でしっかりとスケジュール管理をするのが大切です。

 

ハムシやコナガなどの被害を受けると食害部位から発病しやすいです。

防虫ネットなどを行って対策をしましょう。

 

種子からも伝染するので、毎年同じ種を使わず新しい種を使います。

また、抵抗品種も発売されているのでその品種を使う事もオススメです。

例えばキャベツは、いろどり(カネコ種苗)、彩シリーズ(タキイ種苗)、新藍・冬藍(サカタのタネ)などです。

関連記事

 

黒腐れ病になったら治療法は?

治療発生してしまった黒腐れ病の対処方法を紹介します。

黒腐れ病の対処法

  • 治療方法は無い

いったん発病すると残念ながら治療方法はありません。

発生しないように発生時期に予防農薬を撒き、防除に努めます。

発生した株は、株ごと引き抜き畑の外に持ち出し焼却処分やゴミとして処分します。

畑の中で土にすきこんだりすると土に菌が残り翌年再発・他の野菜に広がる原因になるので外に持ち出します。

 

黒腐れ病対策におすすめの農薬

農薬散布黒腐れ病におすすめの農薬を紹介します。

家庭菜園では使いにくいですがオリゼメート粒剤バリダシン液剤5が効果があります。

2021年5月27日

© 2021 菜園ラボ