【腐敗病(ふはいびょう)】対策・防除・予防法・治療法・おすすめ農薬

あなたは家庭菜園をしていて腐敗病に困ったことありませんか?

腐敗病は家庭菜園で色々な野菜に発生するので腐敗病の被害や対策についてを学びます。

ここで学べる事

  • 腐敗病の対策方法
  • 腐敗病が発生する原因
  • 腐敗病におすすめの農薬
腐敗病は対処方法を覚えてうまく対処をしよう!

 

腐敗病の症状

画像準備中

画像準備中

画像準備中

画像準備中

気温と時期

気温:20~25度

時期:春と8月~9月

腐敗病にかかるとこんな症状が発生します。

腐敗病の症状

  • 結球した葉の外側に茶色の病斑ができる
  • 結球表面は健全だが、内部で発病していることもある。発病当初は軟化腐敗することはない

茶色く光沢がある感じに腐敗した感じになる。

同じような症状として軟腐病が挙げられるが、軟腐病との違いは腐敗臭はなく、結球の内部や茎の内部が侵されることはない。

細菌の種類により発生時期が分かれ、8月~9月の高温期と冬にトンネル栽培する春レタスに多い。

 

腐敗病はレタスやタマネギに対策が必要?

被害こんな野菜に腐敗病は発生しやすいです。

葉菜類

レタス ネギ チンゲンサイ

果菜類

キュウリ ブロッコリー 

根菜類

タマネギ ダイコン ニンニク

 

家庭菜園で腐敗病の発生原因

原因腐敗病が発生する原因はこんな事が考えられます。

腐敗病発生の原因

  • 土の中にいる細菌が原因

腐敗病の原因は細菌で、土の中にいる菌が野菜の葉などから侵入することで発病。

 

腐敗病の対策・防除・予防法

肥料を与える腐敗病を発生させないようにする方法を紹介します。

腐敗病の対策

  • 肥料を適切な量を与える
  • 連作しないようにする
  • 早めのビニールトンネルで保温をする

施肥量をしっかり守り肥料が多くなりすぎない、連作しないように注意します。

冬季の凍霜が発生を促すので、ビニール栽培でのトンネルを早めに行い保温おすることが防除のポイントです。

 

腐敗病になったら治療法は?

治療発生してしまった腐敗病の対処方法を紹介します。

腐敗病の対処法

  • 治療方法は無い

いったん発病すると残念ながら治療方法はありません。

発生しないように発生時期に予防農薬を撒き、防除に努めます。

発生した株は、株毎引き抜き畑の外に持ち出し焼却処分やゴミとして処分します。

 

腐敗病対策におすすめの農薬

農薬散布腐敗病におすすめの農薬を紹介します。

バリダシン液剤5がおすすめです。

有機栽培で使用したい場合は、ベジキーパー水和剤がおすすめです。

発生した株は、株毎引き抜き畑の外に持ち出し焼却処分やゴミとして処分します。

 

腐敗病対策におすすめの農薬

農薬散布腐敗病におすすめの農薬を紹介します。

バリダシン液剤5がおすすめです。

有機栽培で使用したい場合は、ベジキーパー水和剤がおすすめです。

 

2020年12月10日

© 2021 菜園ラボ