【青枯れ病(あおがれびょう)】対策・防除・予防法・治療法・おすすめ農薬

青枯れ病のトマト

青枯れ病のトマト

あなたは家庭菜園をしていて青枯れ病に困ったことありませんか?

青枯れ病は家庭菜園で色々な野菜に発生する青枯れ病の被害や対策についてを学びます。

ここで学べる事

  • 青枯れ病の対策方法
  • 青枯れ病が発生する原因
  • 青枯れ病におすすめの農薬
青枯れ病は農薬でも治せない農家も恐れる病気です。

 

青枯れ病の症状

青枯れ病のトマト

青枯れ病のトマトの株

画像準備中

気温と時期

気温:25~30度

時期:6月~7月頃

青枯れ病は梅雨明け~夏にかけて多くの植物に発生します。

 

青枯れ病にかかるとこんな症状が発生します。

青枯れ病の症状

  • 元気に生育していた株が緑のまましおれて数日で枯れる

下刃や先端の葉が晴天の昼間に萎れ、夜に回復しを繰り返し数日で葉や茎が萎れて枯れます。

数日のうちにあっと言う間に枯れてしまいます。

 

青枯れ病の見分け方

青枯れ病のナス

青枯れ病のナス

青枯れ病の見分け方

白い液が沈殿している様子

水切れと見分けがつきにくいですが、被害が進むと根が茶色に腐り、地際の茎を切ってコップに入れた水に差すと中から病原菌が現れます。

白い筋となってよどみが出るので青枯れ病と判断できます。

写真は実際に青枯れ病の様子を実験して沈殿した液体を確認した様子です。

 

青枯れ病はトマトやナスに対策が必要?

被害こんな野菜に青枯れ病は発生しやすいです。

見出し(全角15文字)

シソ

果菜類

シシトウ・トウガラシ トマト ナス ピーマン・パプリカ カボチャ 

根菜類

ジャガイモ 

 

家庭菜園で青枯れ病の発生原因

原因青枯れ病が発生する原因はこんな事が考えられます。

青枯れ病発生の原因

  • 土の中にいる細菌が原因

青枯れ病の原因は細菌で、土の中にいる菌が野菜の葉や茎などから侵入することで発病。

雨での跳ね返りで発生しやすいので水の管理も重要な防除のポイント。

 

青枯れ病のトマトやナスは食べられるのか?

美味しい

折角栽培していて数日のうちにあっと言う間に枯れてしまったら残念ですよね。

その際についていた実は問題無く食べられるので、安心してください。

トマトがまだ青いうちに青枯れ病になっても、青いまま収穫しておいておけば赤くなります。

恐らく収穫量は少ないですが、追熟させてから食べるのが良いでしょう。

 

青枯れ病の対策・防除・予防法

肥料を与える青枯れ病を発生させないようにする方法を紹介します。

青枯れ病の対策

  • 畝高にして排水をよくしマルチをする
  • 生育初期に窒素肥料を与えすぎない
  • 定植時に苗の根を気づ付けないようにする
  • 青枯れ病に対抗性がある品種を選ぶ
  • 連作を避ける
  • コンパニオンプランツを使う

大雨などで水はねした土に細菌がいて、作物の傷などから侵入し発病することもあるので頭上から水やりをするのではなく株元に水を与えます。

土の中の水分が好きなので高畝にして排水を良くしてマルチや敷き藁をします。

水はねを防ぐため意味でもマルチシートや敷き藁は効果があります。

 

窒素が過剰に溶け出す心配のない肥料を使う事がおすすめです。

マイガーデンベジフルは窒素成分が多くない家庭菜園でおすすめの追肥でも使える肥料です。

 

苗の定植時に根を傷つけると土にいる細菌がそこから入るので傷つけないように植え付けます。

青枯れ病に耐性がある種も発売されているので昨年発生したなどの場合は対策をするのもおすすめ。

 

連作で発生しやすいので、連絡しないように気を付けます。

コンパニオンプランツとして、ネギやマリーゴールドを植える事も効果的です。

トマトなどを植え付ける際に一緒に根を巻き込んで植えると良いでしょう。

関連記事

 

青枯れ病菌の死滅温度40℃以上!太陽光消毒が効果的!

青枯れ病が発生した場所は翌年以降もまた発生する可能性が高い厄介な病気です。

発生した場合に家庭菜園で出来る簡単な方法は連作をしない・接ぎ木苗を使うなどですが太陽光消毒と併用が効果的です。

>>青枯れ病と太陽光消毒の論文

こちらの論文にも実験の考察がありますが、太陽光消毒を行った場合に接ぎ木苗を併用する事で翌年の発生を抑えられた結果があります。

青枯れ病は40℃以上の温度で死滅しやすくなるという結果があるので、発生してしまった畝は真夏に石灰と濃ビを使って消毒をしましょう。

太陽光消毒は発生した土で次に野菜を植える際に再発防止する為の家庭で出来る簡単な方法です。

具体的なやり方はこちらの記事で紹介しています。↓↓

>>太陽熱処理を畑で行う方法

あわせて読む
太陽
太陽熱消毒処理を畑で行う方法

家庭菜園で出来る太陽熱土壌消毒のやり方を紹介します。 病気や害虫が毎年発生して困っている方にオススメの方法です。 畑に病気や害虫が発生した土はそのまま次の野菜の植え付けを行うと菌や幼虫が残っていて、ま ...

続きを見る

 

青枯れ病になったら治療法は土壌消毒のみ!

治療発生してしまった青枯れ病の対処方法を紹介します。

青枯れ病の対処法

  • 治療方法は無い

いったん発病すると残念ながら治療方法はありません。

発生しないように発生時期に予防農薬を撒き、防除に努めます。

発生した株は、株ごと引き抜き畑の外に持ち出し焼却処分やゴミとして処分します。

畑の中で土にすきこんだりすると土に菌が残り翌年再発・他の野菜に広がる原因になるので外に持ち出します。

この際に周辺の土もあわせて処分した方が良いでしょう。

 

青枯れ病対策におすすめの農薬

農薬散布青枯れ病におすすめの農薬はありません。

青枯れ病は発生すると対処方法が無いので、発生しないように予防を心がけます。

 

この記事の画像はステルス不耕起家庭菜園(@Na5cO3NzgtCd42V)さん、無農薬たまねぎ(辻農園22)(@tsuji_nouen22)さんからご提供いただきました。

ご協力ありがとうございます。

2021年5月24日

© 2021 菜園ラボ